〒176-0012
東京都 練馬区 豊玉北5-3-14 中井ビル2階

TEL:03-3991-1712

練馬区豊玉北の皮膚科

診療案内

HOME»  診療案内

皮膚科とは

皮膚科というと、一般的には皮膚の外側の疾患に関する治療を行うイメージが強いですが、外側だけでなく皮膚の内側、毛髪、爪の疾患にも対応している診療科目になります。
外用薬や内服などの薬物療法による内科的治療だけでなく、必要に応じて外科的治療も行います。

代表的な疾患に水 虫、イボ、ニキビ、蕁麻疹、湿疹、皮膚炎、虫刺され、火傷などが ありま す。

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎は、顔や首、ひじの内側やひざの裏側などに湿疹が左右対称に現れ、放っておくと全身に広がっていきます。非常にかゆいのが特徴です。
良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、慢性に経過します。
気管支喘息、アレルギー性鼻炎などにかかりやすい傾向があります。

皮膚そう痒症とは

多くの皮膚疾患は、ブツブツ赤くなったり腫れたり、皮膚に見える発疹があります。皮膚そう痒症は、発疹がないのに、かゆみだけが現れる疾患です。
かゆみは局所に限られることもありますが、多くは皮膚の広い範囲に及びます。
原因は、内臓疾患、薬剤、食品、妊娠、心因性、高齢者のドライスキンによるものなど様々ですが、この中で最も多いのが高齢者のドライスキンです。

ニキビとは

「ニキビ」は思春期頃に出現し、症状が強い場合には治療します。はじめに「面ぽう」、「白ニキビ」、「黒ニキビ」ができ、次に炎症が加わった「紅色丘疹」や「膿疱」、すなわち「赤ニキビ」、「黄色ニキビ」ができます。そのまま治療しないと「ニキビ痕」を残すことがあります。ニキビ年齢を過ぎると自然にできにくくなります。「ニキビ痕」を残さないようにケアすることが大切で、ニキビの症状に合った治療法を選ぶ必要があります。

じんましん

「じんましん」は突然皮膚の一部が赤く膨らみ、しばらくすると消える病気です。かゆみが強く、出没の時間は数十分から数時間ですが、次々と別のものが出現します。何らかの刺激で皮膚の肥満細胞からヒスタミンが放出されると、血管に作用して皮膚の膨らみや赤みを、神経に作用してかゆみを起こします。重症になると、呼吸困難や消化器症状、血圧の低下が起こることもあります。約70%が「特発性じんましん」(特定の刺激によらない ≒ 原因不明)で、症状が1カ月以内で終わるものは急性型、1カ月以上に及ぶと慢性型と呼ばれ夕方~夜間に症状が出るのが特徴です。このほかに「人工じんましん」、「物理性じんましん」、「接触じんましん」、「コリン性じんましん」などがあります。

水虫とは

「白癬」は皮膚糸状菌(白癬菌:カビの一種)による皮膚の感染症で、全身のどこでもできます。
「しらくも」は「頭部白癬」、「ぜにたむし」は「体部白癬」、「いんきんたむし」は「股部白癬」と称され、特に多いのは「みずむし」で病名は「足白癬」です。かゆみを伴わないこともあり、赤み、カサカサ、水ぶくれなど、さまざまな症状がみられます。
また爪に感染すると爪が白く濁ったり、黄色くなり変形する「つめみずむし」で病名は「爪白癬」といいます。

イボとは

「いぼ」は皮膚表面から盛り上がり、表面がザラザラしている小さな「できもの」で、年齢的にできる「いぼ」とウイルス感染によってできる「いぼ」に分けられます。
「ウイルス性疣贅」には手や足によく見る「尋常性疣贅」や、顔や腕などにできてあまり盛り上がらない「扁平疣贅」、外陰部にできる「尖圭コンジローマ」、また表面がツルツルしている「みずいぼ」は、からだや腕などにできやすく病名は「伝染性軟属腫」といいます。